無題ドキュメント

GPSを使いこなして安全な山登り

最近では登山時に使えるGPS機器も多く、Holuxなど人気メーカーが通販でも入手できます。こちらではGPSなどのデジタル機器の活用法に注目しています。

○デジタルとアナログを上手く組み合わせる

HoluxなどのGPSレシーバやGPSロガーは登山にも活用できるものですが、正確に地図を読み取ることができないと宝の持ち腐れになってしまいます。 しかし、登山中に遭難してしまった時や濃霧で動けなくなってしまった時など、あると便利なことは確かです。山の上では何が起こるか分からないので、安全な山登りのためにはデジタルとアナログの良い面を上手く組み合わせることが重要です。

○まずは試してみよう

いざという時に正確に使いこなせるように、GPSを活用した登山の癖を身につけてみませんか?例えば、機器類の取り扱いに慣れておくために、まずは登山道の整備された比較的初心者向けの山でHoluxを取り入れてみてはいかがでしょうか。 また、GPSは登山道が整備されていない山やルートを外れてしまった時に役立ちます。非常時の冷静な判断に役立てられるように、快晴時と悪天候時や標高・環境ごとの精度の違いなどを確認しておくこともおすすめです。

○安全を最優先

最近はGPS機器をはじめとして、登山中の安全確保に役立つグッズを通販でご購入いただく方も多いです。そうしたアイテムで現在地やこれまでのルートを確認する際の注意点として、必ず立ち止まって確認することは重要です。標識の確認や道の踏み外しを避け、安全に正確に使いこなすために最低限守るべきルールの1つとなります。登山中はどのような状況であっても自分の身の安全を確保することが最優先です。

GPSなどのデジタル機器と地図・コンパスなどのアナログアイテムはどちらが良いというものではなく、組み合わせて使うことで登山をより安全に快適にしてくれます。 当店でもHoluxのM-241・M-215といったGPS機器を通販で取り扱っていますので、登山の補助ツールとして上手く組み合わせてご活用ください。

無題ドキュメント

ページトップへ