無題ドキュメント

トップ > 生活家電 > ホーム用品 > ソニー ワイヤレス対応 ヘッドマウントディスプレイ Personal 3D Viewer SONY HMZ-T3W 送料無料

ソニー ワイヤレス対応 ヘッドマウントディスプレイ Personal 3D Viewer SONY HMZ-T3W 送料無料

価格 : 89,980円(税込)
ポイント : 899
数量
 

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 友達にすすめる
  • 商品についての問い合わせ
1280×720の「HD有機ELパネル」と、広水平視野角45度を実現する光学レンズを搭載したヘッドマウントディスプレイ。ワイヤレスモデル「HMZ-T3W」とワイヤードモデル「HMZ-T3」の2機種を用意。仮想画面サイズ750型相当、仮想視聴距離約20mという、映画館クラスのワイドスクリーンで720pハイビジョン映像を楽しむことができる。新モデルでは、新たにバッテリーユニットを採用し、AC電源のない場所でも利用できるほか、バッテリーユニットにスマートフォンやタブレットなどのモバイル機器をHDMIもしくはMHL接続して視聴することが可能になった。

また、ワイヤレスモデル「HMZ-T3W」は、「WirelessHD」を搭載し、バッテリーユニットとプロセッサーユニットとのワイヤレス接続を実現。ヘッドマウントユニットとプロセッサーユニット間のケーブル接続を解消し、ブルーレイプレーヤーやプレイステーション3などと使用する場合も、部屋の好きな場所で映画やゲームなどを楽しめるようになった。なお、「WirelessHD」は、映像、音声を非圧縮かつ低遅延で伝送できる技術で、ケーブル接続時と遜色ない画質を実現している。

画質面では、有機ELパネルの性能をより引き出すために新開発したLSI内のエンハンスエンジンにより、高い解像感を実現。画素単位で映像情報をより細やかに解析し、映像の特性に合わせた高精度なエンハンス処理を行うことで、それぞれの映像の特性に合わせた自然で精細感ある映像を実現する。特に、旧作映画などはくっきりと、新作映画などはなめらかで鮮明な映像に仕上がるという。

音質面では、同社独自の音響解析技術とデジタル信号処理を用いた「7.1ch VPT(Virtualphones Technology)」を搭載し、従来の5.1ch VPT以上に臨場感あふれるサラウンド音場を実現。聞こえてくる音源が前方や後方に置いたスピーカーから再生されているような、立体感のある音場を再現。さらに、ブルーレイの「Dolby True HD」や「DTS-HD」など、さまざまな高音質フォーマットに対応した。

このほか、プロセッサーユニットのHDMI入力を2つ増設して3系統にすることで、複数のHDMI機器の接続に対応。同梱品として、新たにヘッドマウントユニットを収納し持ち運べるキャリングケースを付属。ワイヤレスモデル「HMZ-T3W」には、大口径16mmのダイナミック型ドライバーユニットを搭載したヘッドホンが付属する。

本体サイズは共通で、ヘッドマウントユニット部が189(幅)×148(高さ)×270(奥行)mm、バッテリーユニット部が80(幅)×26(高さ)×119(奥行)mm、プロセッサーユニット部が150(幅)×31(高さ)×107(奥行)mm。

ワイヤレスモデル「HMZ-T3W」の重量は、ヘッドマウントユニットが約320g。バッテリーユニットが約210g、プロセッサーユニットが約250g。ワイヤードモデル「HMZ-T3」の重量は、ヘッドマウントユニットが約320g、バッテリーユニットが約160g、プロセッサーユニットが約220g。

バッテリーユニット持続時間は、2機種とも、HDMI動作時が約7時間、MHL動作時が約3時間。ワイヤレスモデル「HMZ-T3W」の無線動作時が約3時間となる
無題ドキュメント

ページトップへ